専業主婦でも即日カードローンを利用できる方法

以前は専業主婦でも気軽にカードローンを利用することが出来ていたのですが、現在では非常に厳しくなりました。まず、貸し出しは年収の3分の1以内という総量規制の導入により、無収入の専業主婦は実質的に借入れが不可能になりました。例外として、配偶者との年収と合算で3分の1以内なら貸し出しは可能となってはいますが、その際には配偶者、つまり夫の収入証明書、同意書、婚姻関係を示す公的書類が必要となります。ですから、配偶者に内緒で借りるとか即日利用とかは無理となっています。ただし、これは貸金業法、つまり消費者金融などの貸金業者が対象となっており、銀行は対象外になっています。ですから、銀行のカードローンには申し込みが可能となっています。とはいえ、一般の銀行では、安定した収入のある人という規定があるので、やはり無収入の専業主婦はなかなか受け付けてもらえないのが現状です。しかし、イオン銀行のカードローンですと専業主婦でも受付可能と記されています。ネットからの申し込みが可能なので、午前中にでも申し込めば審査から借入れまですぐに行ってもらえるので、限度額の50万円まで即日融資が可能になります。ただし、事前に返済計画はきちんと立て、無理な借り入れは避けるようにしましょう。

カードローンの金利とその比較

カードローンとは、金融機関により発行されたカードを利用するローンのことで、ATMなどを利用してお金を借ります。個人向けの多くは無担保融資で、用途は原則自由です。返済方法としては、リボルビング形式のもの(毎月一定額が指定口座から自動振り替えされるもの)が多いですが、資金に余裕がある時にはATMなどで入金することも可能です。カードローンは一般に、借入限度額が大きくなるほど金利は下がります。なお、カードローンのメリットの一つは、賃貸業者よりも低利であることです。一方、金利は変動制であり定期的な見直しがあるので、上昇するリスクがあることも覚えておく必要があります。最後に、人気のあるカードローンのいくつかを比較してみましょう。住信SBIネット銀行は、金利(実質年率)が1.990〜7.990%、みずほ銀行は4.000〜14.000%、オリックス銀行は3.000〜17.800%となっています。(2015年5月現在)

カードローンの返済方法にはどんな種類があるか

カードローンを利用してお金を借りた場合の返済方法には、いくつかの種類があります。まず挙げられるのはATMを利用した返済方法で、カードローン会社が直接設置しているATMや、カードローン会社と提携している他社のATMからお金を入金します。24時間年中無休で利用可能になっていることも多く、最寄りに端末があればいつでも借りたお金を返しにいくことができます。口座振替も、カードローンの利用者がよく利用する返済方法の一つです。この方法を選択すると、約定日に申込時に指定しておいた銀行口座からお金が自動的に引き落とされます。お金を返すための手続きが不要な点は便利ですが、慣れると借金をしている意識が希薄になっていくことがあるので注意が必要です。また、近年はインターネットからでも借りたお金を返すことができます。パソコンやスマートフォンから専用ページにアクセスし、口座と金額を指定するだけで簡単にお金を返すことができます。特にインターネットバンキングを頻繁に利用する人にとっては非常に便利な方法です。特に専業主婦が旦那にバレずに申込するのには良い環境が整っているとおもいます。専業主婦でお金を借りたい人は下の参考URLで予習をしてから挑むようにして下さいね。【参考URL】http://xn--lck0c6eya6bc8153c9lu7rcv0au39h677as25c.com/